先輩からのメッセージ

写真

自動車工学科卒→製造部加工課(2010年1月中途入社)

大きな仕事を終えた時の達成感が最高!

先輩へのインタビュー

001:仕事内容を教えてください。

自動車シート部品の製造工程の担当です。3次元CNCベンダー機、成型プレス機、差圧検査機などいろいろな設備を使って、日々ラインの生産性向上や精密度・安定度の向上を目指し奮闘しています。

002:荒井製作所をどこで知りましたか。

就職活動中に友人の紹介で知りました。

003:荒井製作所への入社を決めた一番の理由は何ですか。

会社の将来への展望を聞き、自分のやりたいことが荒井製作所の向かう先と同じ方向性を持っており、会社の役に立てると感じたからです。

004:入社前に感じたイメージと入社後の会社の実態について教えてください。

工場見学をした際に、すごくまじめで固い会社のイメージを抱いていましたが、入社してみるととても楽しくアットホームな職場です。私の質問に対して優しく、そして丁寧に教えてくれる上司がたくさんいます。

005:荒井製作所に入社後、役に立った知識や技術は何ですか。

学校で習ったことだけでなく、幅広い知識が多ければ多いほど様々な場面で生かすことができると思います。

006:仕事での嬉しかったエピソードを教えてください。

日々改善を続けていますが、どうしても不良品は発生してしまいます。頭を悩ませ、工夫を重ねた結果、担当するラインの不良品が減少したときはとても嬉しかったです。また、次のステップへの糸口も掴むことができて、大きな自信を持つことができました。

007:仕事での辛かったこと、失敗談などを教えて下さい。

これでいいだろう、という私の判断で作業を進めた製品が、設備の設定を間違えたことで不良品になってしまったことは忘れられません。その後は、不安なことは上司に確認してから作業に取り掛かるようにしています。ただし、まずは自分で考えて自分なりの答えを用意してから質問するように心掛けています。

008:仕事上で一番やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか。

どんなに忙しくてもどんなに急な依頼でも、お客様の求める納期に間に合わせて、最高品質の製品を納品する、その瞬間です。

009:学生と社会人とで一番違うと感じるところは何ですか。

責任の重さではないでしょうか。ただ面白くて楽しかった学生時代から卒業したときに、私はその重みを感じました。荒井製作所の一員として、また一人の大人として恥ずかしくない行動をとりたいと思います。

010:学生時代にこれをやっておけばよかったと後悔していることはありますか。

このグローバルな時代に英語が弱い自分が残念でなりません。もっと勉強しておけばよかったと思います。今からでも遅くないと自分を奮い立たせて、現在も独学継続中です。

とある日のスケジュール

8:00

写真:動作確認

機械の電源を入れ、動作確認から今日も一日が始まる。

9:00

今日は午後に新たな仕事の打ち合わせだ。それまでにできるだけ片付けておこう。

10:00

写真:製品の性能検査

先週導入した新検査機の動作をチェックしながら、製品の性能検査だ。

11:30

自動車部品のラインの見直しにより、納期が3日も短縮できた。

12:00

グループみんなで会社の食堂でランチ。午後の仕事に備えよう。

13:00

営業との打ち合わせ。新たな仕事は、工数も多く、作業も複雑だ。

15:00

写真:急ぎの仕事依頼

急ぎの納期で仕事の依頼がきた。製造ラインを調整して何とか間に合いそうだ。

17:30

明日に備えて機械の整備。今日はここまで。退社。

ページトップへ